職員募集について
メインメニュー
荒尾梨(あらおなし)
ポスターコンクール
JAバンク関連
オンライン状況
アクセスカウンター

JAたまな青壮年部

JA綱領(抜粋)−わたしたちJAのめざすもの−

わたしたちJAの組合員・役職員は、協同組合運動の基本的な定義・価値・原則(自主、自立、参加、民主的運営、公正、連帯等)に基づき行動します。
そして、地球的視野に立って環境変化を見通し、組織・事業・経営の革新をはかります。さらに、地域・全国・世界の協同組合の仲間と連携し、より民主的で公正な社会の実現に努めます。
このため、わたしたちは次のことを通じ、農業と地域社会に根ざした組織としての社会的役割を誠実に果たします。

 一.わたしたちは、地域の農業を振興し、わが国の食と緑と水を守ろう。
 一.環境・文化・福祉への貢献を通じて、安心して暮らせる豊かな地域社会を築こう。
 一.JAへの積極的な参加と連携によって、協同の成果を実現しよう。
 一.自主・自立と民主的運営の基本に立ち、JAを健全に経営し、信頼を高めよう。
 一.協同の理想を学び実践を通じて、共に生きがいを追求しよう。

 

全国農業青年部統一綱領

  • われらは、農業を通じて環境・文化・教育の活動を行い、地域社会に貢献する。
  • われらは、国民との相互理解を図り、食と農の価値を高める責任ある政策提言を行う。
  • われらは、自らがJAの事業運営に積極的に参画し、JA運動の先頭に立つ。
  • われらは、多くの出会いから生まれる新たな可能性を原動力に、自己を高める。
  • われらは、組織活動の実践により盟友の結束力を高め、あすの担い手を育成する。

 

活動内容の例(我が町特産物PRポスターコンクール)

《趣 旨》
近年、子ども達が農業にふれる機会が減り、食への関心が低下している。また、自分の住む町で栽培されている特産物を知らないという子どもも少なくはない。

 そこで、平成22年度から、「たまなの○○○は○○○」のフレーズを使用することをメインテーマに、子ども達に地元(荒尾・玉名地区)特産物の絵を描いてもらい、「いのち・農業・食べ物の大切さ」「ふるさとに対する誇り」をわかってもらうことを目的に食農教育の一環として荒玉地区ポスターコンクールを実施しています。

 

今年度の受賞作品は、こちらです。(2016年度分)

 

 
このページを印刷
情報公開日:2012-2-2 10:15 [ 14315hit ]
カテゴリ内ページ移動 ( 9  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 9